生欲






松永天馬 がタワーレコードにて新レーベル「TEN RECORDS」(テンレコード)を設立。

レーベル第一弾作品として『生欲』をリリース。レーベルロゴを公開!

タワーレコードでは、松永天馬(アーバンギャルド)の第二弾ソロアルバムとなる『生欲』(セイヨク)を、

このたび新設したレーベル「TEN RECORDS」(テンレコード)より発売します。






今作は、松永天馬自らのプロデュースによりタワーレコード内に立ち上げた同レーベル第一弾作品としてのリリース。作品の詳細情報とともに、レーベルロゴを公開します。レーベル名にある「TEN」と、ペガサスを意味する「天馬」の「天」の字を象(かたど)ったシンプルでスタイリッシュなデザインに仕上げました。


トラウマテクノポップバンド「アーバンギャルド」のリーダーであり、その頭脳として知られる松永天馬のソロ第二弾作品『生欲』の初回生産限定盤は全8曲入りのCDに加え、今作のために撮り下ろされた短編映画「脱がない男」、そして今年のバレンタインデーに渋谷WWWで開催されたライブ「VALENTINE HARASSMENT」の中からセレクトした楽曲映像を収録したDVDを付属する全2枚組のボリューミーな内容。CDのみの通常盤と併せて2形態同時発売です。


映画『松永天馬殺人事件』の監督・脚本・主演を務め、最近では「じゅじゅ」ほかアーティストへの楽曲提供も活発に行っている松永天馬。「アーバンギャルド」では2019年秋に全国ツアー、ボーカル浜崎容子のソロ作品リリースなどの動きを見せる中、満を持してソロとしての新作を完成させました。表題曲「生欲」、名曲の呼び声高い「ポルノグラファー」「プレイメイト」「生転換」「ナルシスト」など本人の作詞・作曲ナンバーに加えて、いまみちともたか(ヒトサライ/BARBEE BOYS)作詞・作曲・編曲によるポップさがたまらない「ピンクレッドⅦ」(ピンクレッドセブン)、大谷能生 作曲・編曲によるポエトリーリーディング「T字架」、といった提供曲も収録。さらにex.面影ラッキーホール・現Only Love Hurtsのカバー「好きな男の名前腕にコンパスの針でかいた」も収録しています。8曲の多彩な作品の中に通底する、「人間の業」を深くえぐりとって作品に昇華する《松永天馬の才気》がほとばしる、渾身の新作となっています。さらにリリースを記念した、インストアツアーの詳細も発表しました!


■松永天馬 セカンド・アルバム

生欲(ヨミ:セイヨク)

2019年9月4日(水)発売





《初回生産限定盤》

品番:TEN-0001,0002

形態:CD+DVD

価格:¥4,000(税抜価格)+税

《通常盤》

品番:TEN-0003

形態:CD

価格:¥2,500(税抜価格)+税


レーベル:TEN RECORDS(テンレコード)


■収録曲(初回生産限定盤、通常盤、共通)


01.生欲

(作詞・作曲:松永天馬 編曲:成田忍)


02.ポルノグラファー

(作詞:松永天馬 作曲:高慶智行 編曲:Noy Sirikullaya,杉山圭一)


03.生転換

(作詞・作曲:松永天馬 編曲:Noy Sirikullaya,杉山圭一)


04.好きな男の名前、腕にコンパスの針でかいた

(作詞:佐々木”ACKY”あきひ郎 作曲:Sinner-Yang,D.I.E. 編曲:高木祥太)


05.プレイメイト

(作詞・作曲:松永天馬 編曲:Noy Sirikullaya,杉山圭一)


06.T字架

(作詞:松永天馬 作曲・編曲:大谷能生)


07.ナルシスト

(作詞・作曲:松永天馬 編曲:杉山圭一)


(Bonus track)

08.ピンクレッドⅦ

(作詞・作曲・編曲:いまみちともたか)


■初回生産限定盤DVD収録内容:

短編映画「脱がない男」全編+2.14開催「VALENTINE HARASSMENT」ライブ映像(抜粋)





生欲 <初回限定盤> [CD+DVD] TEN RECORDS https://www.amazon.co.jp/dp/B07VPRZ89F/

生欲 <通常盤> TEN RECORDS https://www.amazon.co.jp/dp/B07VSWPR4Q/

© 2019 URBANGARDE All rights reserved.