アーバンギャルド、独立


アーバンギャルドが所属事務所を離れ、2021年より独立する。


2008年のデビューから今年で十三年目を迎えるアーバンギャルドが、デビュー時よりマネジメントを担当していた株式会社TKブロスを離れ、2021年元旦より独立することを発表した。

今後はメンバーである松永天馬、浜崎容子、おおくぼけいを中心としたチームによりセルフマネジメントを行っていく。

昨年は過去最多のツアーとなる「TOKYOPOP TOUR」が新型コロナウィルスの影響により中止となるも、年始に「TOKYOPOP」秋に「アバンデミック」と二枚のフルアルバムをリリースし、リリースワンマンや主催する夏フェス「鬱フェス2020~新しいライヴ様式~」を開催するなど積極的に活動してきたアーバンギャルド。所属事務所を離れ心機一転、今年は「攻める一年」になることをメンバーの松永天馬もコメントしている他、昨年までの所属事務所・TKブロスの斉藤テツ代表も声明を発表している。


独立したアーバンギャルド初の主催ライヴとなる「TOKYOPOP/AVANT DEMIC TRIAL」は渋谷WWWにて1/22、23に開催。会場チケットは現在SOLDOUTとなっている。



【アーバンギャルド リーダー:松永天馬よりコメント】


すっかり先の見えない時代になりました。

予定は未定、内定しても不定になったり、一定しない時代です。

しかしこんな時代だからこそ、より個々人が決める、決定していく力が試されるのだと思います。

僕は、そしてアーバンギャルドは、これからの生き方を決定しました。

長く所属した事務所から離れ、同じくメンバーの浜崎容子、おおくぼけいとともに、新たな道を歩みます。

決めることは不安や怖れを伴いますが、今は期待や未知の出会いへの興味のほうが勝る気持ちです。

コロナ禍であろうが、いや、コロナ禍であるからこそ、我々はより攻めた活動を開始致します。

まずは年始のワンマン2デイズから。

アーバンギャルドは十三年目にしてなお、立ち止まりません。


デビューから十数年、苦楽を共にしてきたTKブロス・斉藤社長には大変お世話になりました。

改めて感謝の意を表しつつ、筆を置かせて頂きます。



【株式会社TKブロス 代表取締役 斉藤テツよりコメント】


だいぶ昔の事となりますが、音楽業界に入ったばかりでレコード会社の宣伝部にいた頃、某アーティストの話題である媒体の方から「彼は10年も一線でアーティスト活動を続けて来ていることをもっとリスペクトしないとダメだよ。20年も活動を続けることが出来たらそれは奇跡だ。10年でもう奇跡の半分なのだから」と言われたことが今も心に残っています。


アーバンギャルドも2018年に、CDデビュー10周年記念ライブを中野サンプラザホールで行い、2020年11月25日には10枚目のオリジナル・アルバムを発表しましたので、すでに奇跡への行程の半分を歩んだものと思っています。


そして、この度、さらに10年後(正確には7年後)の奇跡に向けてアーバンギャルドが独立して自分たちの新事務所を構えることとなりました。


旧事務所TKブロス代表であった私自身も10周年の中野サンプラザでのライブを一区切りと考え、自分の役割はすでに終えたのではないかと自問自答しておりました。


それなので、アーバンギャルドのメンバーがソロ活動を活発させる中、それらの仕事をメンバー自らが受けることを容認し、2018年には松永天馬がソロ活動を主に行う株式会社松永天馬を起こす事となりました。


それらは、彼らの独立へ向けての緩やかな移行を後押しすることでした。


元々、松永天馬はプロデューサーとしての才能を持っているので、TKブロスで培った10年のキャリアを活かして今後は自由にやってくれるものと信じていますし、さらなる飛躍を遂げるでしょう。


今後の私はアーティストの運営から退いた形で彼らの設立した事務所の相談役を担いながら、彼らが奇跡を起こすことを楽しみにしようと思っております。




アーバンギャルド公式:https://www.urbangarde.net/

アバンデミック特設ページ:https://www.urbangarde.net/avantdemic

CONTACT:info@urbangarde.net

ファンクラブ「プリント・クラブ」の運営は引き続き行います。

https://www.urbangarde.net/printclub


© 2019 URBANGARDE All rights reserved.