どうして引っ越すのか

そのまんまのタイトルの事を書きます。

SNSや配信ではうまいこと伝わらないと思ったし、とにかく言葉にするのが難しくてなんとなくフワッとさせていましたが、どうして東京を離れようと思ったのかを書きます。

一番の理由は2019年より悩まされている鬱病です。

そして二番目の理由がこのコロナ禍によって音楽活動がこれまでのようにままならなくなったこと、そして三番目の理由が2020,2021年とコロナ禍での活動のやり方や(リモートとかでミーティングできるじゃんわざわざ出向かなくても、とか色々ね)そう言った基盤が世の中に出来つつある中で、「このまま一生東京で過ごす気でいいのか」と考え始めたからです。

ご存じの通りアーバンギャルドは来年15周年という節目を迎えます。15年。人間で言うと中学受験の年齢。

私は昨日の#よこえれ でも質問にあったので話しましたが「東京に来て一番印象に残ってることは?」と聞かれてもアーバンギャルドの為に上京して東京での生活はすべてアーバンギャルドに捧げていたので「全部」としか言えないみたいな感じでお答えさせてもらいました。

東京=アーバンギャルド

という図式は私の中で今でも変わりません。

アーバンギャルドはもちろん現在進行中で私の全てです。

だけど、本当に良いの?

本当に自分の人生のすべてをアーバンギャルドに捧げて良いの?

とコロナ禍、おうち時間が増える中で悔しいことにそんな普通の事を考えてしまいました。

私の中に「普通」みたいな文字は無いのでめちゃくちゃ戸惑いました。なんかそういうの、上手く言えないけど自分の中でめちゃくちゃ嫌でした。

これからもなんの疑いもなくアーバンギャルドのことをやっていきたいと思っているけど、本当に先行きの見えないエンタメ業界、私的にあと2年くらいこんな感じかなと予想してるんだけど本当に2年でなんとかなるとして、もう元通りにはなりません。

ぶっちゃけるとコロナ禍になってライブのキャパもコロナキャパになって、それがコロナキャパじゃ無くなったとしてもライブにいらしてくださるお客様の数は半分以下になってます。これは誰に聞いても全く同じことを言ってるので全体的に「ライブに行く」ことが生活から無くなっても困らないことに気づいた人、なんとなくそういうの忘れてきてる人、まだ仕事的にも精神的にも行きづらい人が増えたんだなって心の底から感じてます。

あと2年で、はい今までのキャパで今までのライブやれますよ〜となったとしても2020年からの「失われた4年」は私たちにとって死ぬほど大きい問題です。

そして仮にあと2年、私の精神が保つのか分からないと言うのが答えとして出てきました。

東京にいてもちゃんと活動できない。

だけど東京にいると常にONモード。

なのでずっとスタンバイなんです。

ずっとスタンバイ状態の精神状態って気が狂いそうになります。

すみません私にはもうスタンバイする事ができません、とお医者様と相談して一旦東京を離れることに決めました。

本当なら海外とかに移住してみたかったけどこのご時世それは無理。

じゃあどこだろう?となった時にやはり慣れ親しんだ「地元」にしようと思って兵庫県宝塚市に移住を決めました。

ここまでが昨年の11月下旬くらいの話で。

そこから猛スピードで引っ越しの準備や作業をしつつ、ちゃんとした説明もしないまま移住することになりました。

引越しってなったらめちゃくちゃ知り合いに「なんで?」って聞かれるけどこんな説明する気ないし←精神削られるから

「推しと物理的に近くになりたい」とか冗談っぽい感じで流してるけど、本当の理由は「もう限界だよ」って感じなので、移住して1番の目的は「心を取り戻すこと」になると思います。

心の健康を取り戻すことに専念します。

つまり要約すると「鬱ヤバいんで治すために移住」って事です。

長くなったし、東京から離れることをさみしいと思ってくれる人もいて(ありがたい話です)だけど本当に毎月のように来日はします。行かないとなんない仕事もありますから。

しかしながら、本当に弱くて脆くて申し訳ない。私の心は壊れてしまいました。なので修理をさせてください。そこのところ、どうかどうかご理解頂けたら嬉しく思います。

アーバンギャルドもソロも音楽も、何かを表現する事を「辞める」ことをしたくない為に東京から離れるだけです。

日本にいるんだからなんとでもなるさ。

そんな感じで、早速関西圏でのイベントも決まっているし(2/16のヅカトーク!よろしくね!)関西圏の皆様益々よろしくお願いしますよ!

宝塚に着いた。では今日はこれで。