COUNTDOWN 15YEARS "WELCOME BACK! "アーバンギャルド ツアーありがとうございました(YOKO)


本当に本当に本当に

ありがとうございました!


まずは横浜からの記憶を。

4/29ですね。前日にリハーサルがあったので浜崎は4/27から上京して都内某ホテルにおりました。まぁ新宿区内ですよ。前に住んでたところの近くというか土地勘のわかる場所に泊まる安心感…


4/28、前日のリハーサルから手応えはありました。しかしフルセットで昼夜二回(ワンマン二回)というのは多分初…?これまでも2部みたいなのはやったことはあったけどフルセット二回はそこまでみんな若くないし笑、特典会も昼夜共にやらせてもらうし、実は特典会が一番喉へのダメージ(疲れ。歌うより話す方がダメージがあるのです。発声お控えのご協力の特典会だったから良かったのかも)が出るのでできるかなぁみたいな感じでしたが


全然余裕!


でした!というか2回やらないと完全に疲労しないなって思いました!

セットリストも変わるし、メンバーもサポートさんたちもスタッフさんたちも大変だったと思います。でもできた!という自信はこれからの私たちの活動を大きく左右すると思います。


しかも昼夜共にソールドアウトでありがとうございました涙



昼はこちら



夜はこちらの衣装に。


みんな出し尽くしてやりきった感じがなんかめっちゃ「青春」感じました。

私はライブが終わったら速攻1人反省会モードに入るタイプなので正直ライブ楽しかった〜、みたいな気持ちがあんまり持続しないタイプなのですが、だからこそ二回連続でやるのは良かったのかも。一回だけだとやっぱり悔いが残る!ていうのがあるし。


ホテルの部屋に戻って電気も付けっぱなしコンタクトも外さないでご飯を食べてる途中で寝落ちしていたみたいでそのまま朝に…こんな気絶するような寝方久しぶりでビックリ。幸せな気持ちになれました。


でも、また気持ちが変わりました、続いて名古屋…5/4。


私は初めましての名古屋アップセット。

まずは私は自宅(兵庫県)から一人で名古屋の会場へ行くというミッションが…

そのまま乗り続けて東京に行かないように…と気を張っていたけど気づいたら新幹線内で寝てて「次は名古屋」のアナウンスで飛び起きました。前日までなかなか興奮して眠れなかったのもあるかな。


アップセット良いハコですね!

なんというかスタッフさんもお優しくて楽屋が開放感あって、古いんですが居心地の良いライブハウスでした。


とはいえ今日は一回公演…いつもみたいに一人反省会とか悔いが残らないようにしなきゃって思いながらライブに挑みました。

だって次はいつ来れるか分からない世の中になってしまったから。普通ってなんなんだろうねと思いつつ名古屋もありがたいことに当日券でソールドアウト涙


やっぱり真っ赤なフロアを見るのが好きです。

この日はね、ちょっとバタバタしてて自分の分析が出来なかった。もっとやれたのでは?と思いつつかなり疲れていてホテルでバタンキューと思いきやアドレナリンどばどばで寝付けず…


早く寝なきゃあと思いつつ芋けんぴ食べました。


楽しそう。




新たな護符にどうぞ。こちらは名古屋の女神です。ミワさんがスタッフ・カメラマンとして参加してくださったの嬉しかったしありがたかったな〜!



開放感!!


そして翌日5/5。

満員御礼ですよ!!当日券が20枚近く出るという非常事態に。

シャングリラの会場の方が「コロナ禍になって当日券がこんなに出るの初めてです!それくらい良いツアーなのですね」って仰ってくれて嬉しかったし駆けつけてくれた人たちありがとう…涙


個人的な話になりますが、5/5は浜崎家にとって重大な1日なのです。言うなれば命日です。私が春の空気やGWが大嫌いなのは幼少の頃からこの季節になると家族の中の空気がとても重苦しいものになり、家にいたくなくてそこら辺の公園とかでぼーっとして時間を過ごすことが多かったので最初ツアーファイナルの日程が5/5になった時、あーそうなんだ…みたいな気持ちでした。

しかし会場は私の青春を色鮮やかにしてくれた梅田シャングリラ。過去の兵庫県民だった時代に一番よく通ったライブハウス。これまでもイベントで出演させてもらっていたけどワンマンで帰ってこれたのは嬉しかった。


特に大阪は本当に来れなかったから、やっとライブできるーってツアーの喜びとファイナル終わっちゃうのヤダのせめぎ合いで気持ちが忙しかった。


大阪への道中車内で名古屋のライブの録音をみんなで聴きながら心の中で「結構大丈夫だなぁ、今日も大丈夫かな」と思いつつ本番前はメンバーやサポートさんが心配するほど実は声が枯れていて。前日の名古屋かなり乾燥していて、というか最近のライブハウスや会場って換気のためにエアコンフル稼働で、それが顔や喉に直撃するのでかなり気をつけないといけないんですね、でもライブ中は夢中だからそんなこと考えてられないわけで。


しかしどんな状態でもベストを尽くそう、次はいつ来れるか分かんないし!って奮い立たせてステージに立った時、はじめての感覚を覚えました。

言葉にするのが難しいし、何年かに一度本当に自分を褒めたいライブができることがあるのですけど、今回は歌を始めてから初めての気持ちになりました。


私はこう見えてめちゃくちゃあがり症で、いつも三曲目くらいまでは心臓がバクバクだし脚もガクガクしちゃうくらい緊張しぃなのです。


でも5/5は…ドキドキしてたけど初めてのドキドキ。自分に対して「私こんなに歌えるの!?どこまで歌えるんだろう!?」っていうワクワクしたドキドキでした。


良く「ゾーンに入る」という言葉があると思うんですけど、そういう感覚なのかな。

私はめちゃくちゃ大きな会場でライブをしているアーバンギャルドがその日見えたし、シャングリラに来ていないお客様の顔まで見えてしまいました。

勿論自分でも初めてくらい会場のお客様の目を見たと思います。私は目が合わないで有名なくらいあまり見ない(恥ずかしいんですごめんね)んだけど、めちゃくちゃ見た。目が合ったと思った方、合ってますよ。今回は本当に目を合わせる事ができたから!



とにかく言葉にするのが難しい、完全にトリップしてました。生まれて初めて生まれてきてよかったと思いました。歌い続けて良かったと初めて思いました。アーバンギャルドやっててよかったと初めて思いました。


何度も何度も嬉しいことあったけど、すぐ色んなことで帳消しになってました。

だけど5/5に感じたこの感覚は一生忘れないし、これからもきっと何度も感じることが出来る感覚に出逢わせてくれたお客様に本当に感謝してます。


私生まれてきて良かったって思ったの本当に初めてです。このために生まれたんだなって思えたし、これまでずっと歌うの苦手意識あったしなんとなく辛かったけど、もう自分のことを「歌手」と胸張って言えると思いました。


今回のツアーに関わってくれた全ての人、会場には来れなくてもアーバンギャルド応援してくれてる人、してた人、これからファンになる人たち全てにありがとうです。


だってこんな顔してるんだもん。



良いライブしたんだなって分かりすぎます。

私の知らない顔してます。ミワさんが撮影で入ってくれて良かった…




良く分からない文章になったけど

アーバンギャルドにまだまだ伸び代を感じました。10年くらいの付き合いになってるPA(ライブの音響)の高橋さんが「今日どうしたの?ずっと鳥肌立ってたよ」って仰ってくれて、まだまだ可能性を感じたって言ってくれて、泣きそうなほど嬉しかった。


これからのアーバンギャルドに乞うご期待です。私は歌手として開眼しました。

6/30もこの気持ちを忘れないようにセットリスト考えます。絶対来てほしいんですけど!!



ふわふわした気持ちで阪急電車で帰りました。


今日はライブのことだけ書きますが、本当に本当にありがとうございました。