頭かるーい。首寒ーい。(KEI)

2月が終わる。2月が短いというのを忘れてて中旬に焦った。

というのも全開のブログでも書いたと思うが2月はまだ発表できない諸々で忙しく制作していたのです。

大きなものとしてはアーバンギャルドで一つ、個人的に一つ。

どちらも音源制作には変わらないのだけど、新しいタイプの仕事で悩んだり楽しんだりしながら出来た!2月末日である本日それは全て完了し晴れ晴れしい気分でこのブログを書いています。


そうそう、アーバンギャルドのMVがいくつか発表されてますね。

昨年発売された2枚のアルバムのうちの1枚目、TOKYOPOPから東京は令和零時、修正主義者のMV。

2020年にTOKYOPOPとアバンデミックという2枚のアルバムを出せたというのは凄いことだと思う。これは自分たちの力というよりこれを可能にしてくれた周りのスタッフの力もかなり大きい。そして何より支えてくれたファンの皆様の力。いつもありがとうございます。

アバンデミックはとてもいい作品が出来たと自負しているけど、TOKYOPOPはいい作品という以上に音楽的に新しい試みが始まった作品であって別の意味で重要な作品。TOKYOPOP2はどういう作品になるのかな?お楽しみですね。しかもアバンデミックを経たTOKYOPOP2なわけでしょ?

MVは楽曲のイメージとライブのイメージが合成された感じで面白い感じに出来てますねー。僕が例の新しいタイプの仕事の音源制作をしている間、こちらは天馬くんが頑張りました!!


個人的には中旬頃にRickyさんの配信ライブがあってこれも新しい試みで面白かったなぁ。廃工場のセットでレーザー仕込んでの配信ライブ。ご存知ない方もいるかもだけど、Rickyさんの曲ってバキバキのテクノなんです。でドラムとか無いので可能なライブでした。これってアーバンギャルドにもフィードバックできるよなぁー。なんて。実は去年からやる様になったRickyさんサポートでの経験は今凄く生きてます。もちろんアーバンで培ったものもあちらで放出してるので、こうやってまた色々な世界が誕生していくのかもしれないなー。

あと雨や雨の配信ライブもあった。雨や雨はほんとなんというかDIYな実験場といった感じでライブの配信から通販にいたるまでメンバー2人で作っている。そんな中で自分で映像撮りに行ったり、交通違反で罰金取られたりして。でもこういう活動も10年後とかの未来に繋がっていく部分があると思っているのだ。

あとマリアンヌ東雲と最近よく会っているとだけ言っておきましょう。また近い未来に。


それにしても最近感じるのは自分の成長が遅いということ。これ世の中の流れについていくとかの話じゃなくてね。楽器とかその他の音楽的なことの上達の話で。30代前半はこれについてかなり焦っていたけれど、焦っていても空回りするばかりで、そんな自分を受け入れて長い目で続けて成長していくということを選んだ。で、ある程度成長するというか出来る様になると前述した世の中の流れについていくというか日々変わっていくものへの理解も早くなっていくというもので、まだまだ成長が足りない部分も多いという感じだが、それでも成長していけていると思う。となんとも自己啓発的なことを書き始めてしまった。なんかこの一年色々とあったし変わったなぁとしみじみと思ってしまったので。


さてプライベートな話は、Crazy EX Girlfriendを観終えたことに尽きる。

誰も観てない、もしくは途中で挫折していると予想されるのだけど、4シーズン見終えて、感動した。

途中何度挫折しかけたか。中だるみのなんと多かったことか。重要な役のキャストが途中で変わって、それを受け入れなくちゃいけないの?受け入れるの?それありなの?と怒りを感じたこともあった。

それでも見終えたのだ。その見終えた自分に感動したのではなくて、ほんと予想外の結末で。

これは結末と言っていいのかな。結末というかこのミュージカルドラマをこういう形で回収するのかと。全て納得いく以上の終わりだった。人気のない理由のわかる部分が多い作品であるが、コアなファンがつく理由もわかる(なんか身につまされる話の気がするな....)このドラマおすすめなんだよなぁ。

あと、最近静かな日本映画も観てる。なんて説明したらいいのかな。殺しとかそういうのが無い作品。うーん、万引き家族みたいな?ああゆうタイプの。それにしても映画って2時間くらいで終わるからいい。連続ドラマって1本1時間くらいあってそれが何シーズンかあったりだけど、映画はそれでいうと2本分くらいの時間で全てが終わる。素晴らしい。静かな日本映画でさえ展開が早く感じる。

ああ今月は歌舞伎行けなかったなぁーーー。

あ、そして髪切ったよーー。美容師に半年ぶりだって言われちゃった。

ヘアメイクさんのいる現場が多かったから伸びてもかっこよく整えてくれて気にならなかったし(これ自分で思ってるだけかも)、ヘアメイクさんに伸びても崩れない確かな技術のヘアカットだと言われたりしたので(もう10年くらい同じ人に切ってもらってるのだけどどうも上手いらしい。確かに他で切ったことが何度かあるがしっくりこなくてここに戻った)切ってなかったけど、やっぱ切ってよかった。

頭かるーい。首寒ーい。



© 2019 URBANGARDE All rights reserved.