ジョーカーになりたかった(KEI)

アーバンギャルドレコーディングの中盤の大詰めボーカルレコーディングを終え、再びアレンジの日々。まずはピアノが仮だったのを本番として弾き直す。

なんてかピアノって一人でオーケストラなので全部埋めることも可能ってわけでなので、ピアノは最後の武器としてあまりアレンジ初期段階では入れないようにしている。とは言え、やはりキーボード系の中では一番生らしい音がするので、これを入れると魂は入りますな。

その他、全体像を作るに留めていた曲の細部に手をつけたり。あ、そうそう一曲ほぼ完成しましたよ。かなりやばい奴が。


そんな中、なんと他にもレコーディングを3件やっていたのだ。とある長い付き合いのボーカル、ギターと、そしてこれまた長い付き合いの先輩と、そして某有名バンドのベーシストのソロプロジェクトと。1週間で10曲くらい録ったぞ。まぁこれは演奏するだけなので気が楽だし、なんていうか、あれこれ考えないでいいものなので、肉体労働って感じかな。

ってなわけであれこれと忙しい感じであったが、僕は観た。Jokerを。

観よう観ようと思っていて中々見れなかったのだけど、やっと。

中学生の頃にティムバートン版のバットマンが流行っていて、僕はとても気に入って輸入のコミックスを買った程だった。ジャックニコルソンの演じるジョーカーがまた素敵で、悪役の方が好きになっちゃうものだよね。その後ティムバートンじゃなくなったのは観なくて(一応観たけど観た数に入らない感じ)ダークナイトでまたまたヒースレジャーのジョーカーにしびれちゃったわけ。

そして、Joker。皆名作名作って言ってたが、確かに。ブルースウェイン(バットマン)の父親が感じ悪いのもよかったなぁ。

そんなわけで、久々にバットマン熱である。別に観ないけど。

あと中学生の頃はジョーカーみたいになりたかったけど、Jokerみたいなのは悲しすぎるなぁ。


とか言いつつスタートレックは見続けており、現在エンタープライズというシリーズを観ている。これが駄作だ。調べてみるとやはり製作陣が総入れ替えしてしまって評判も悪かったそうだ。

とか言いつつも観るのだ。観る意味はある。そして何も得られないかというと、内容的にはいいものであったりもするのだ。脚本が悪いだけだったりする。説明が難しいが。好きだから楽しめる。

ちなみにだが、皆様は幸運なことにスタートレックの最新シリーズが面白いという時期に遭遇している。ディスカバリーは観た方がいい。ピカードについては過去のスタートレックを観ていないとちょっと物足りないかもしれないが、しかし、いい!


明日は天馬くんの生誕祭だ。楽しみだね。


© 2019 URBANGARDE All rights reserved.